カルシウム粉末の価格監視、ニュース、トレンド、予測 | アナリストジャパン
カルシウム粉末の価格監視、ニュース、トレンド、予測 | アナリストジャパン
2024年の第1四半期におけるアジア太平洋地域では、カルシウム粉末の価格は複雑な動きを見せました。最初はエンドユーザー業界全体の需要の増加により価格が上昇し、これに市場参加者が高い相場で応じました。また、パナマ運河やスエズ運河などの輸送ルートの混乱により、輸送コストと運航コストが上昇し、それが価格上昇に反映されました。

カルシウム粉末の価格監視、ニュース、トレンド、予測 | アナリストジャパン

2024年の第1四半期におけるアジア太平洋地域では、カルシウム粉末の価格は複雑な動きを見せました。最初はエンドユーザー業界全体の需要の増加により価格が上昇し、これに市場参加者が高い相場で応じました。また、パナマ運河やスエズ運河などの輸送ルートの混乱により、輸送コストと運航コストが上昇し、それが価格上昇に反映されました。しかし、3月には消費者の心理が低迷し、価格が下落しました。中国では長期の休暇明けにも関わらず、内需不足の懸念が続き、市場参加者は在庫を割引価格で積極的に放出しました。さらに、原油価格の下落が輸送費の削減につながり、これが価格の低下に寄与しました。その後、これらの節約はカルシウム粉末の価格低下として消費者に還元されました。中国におけるクエン酸カルシウム USP グレード FOB 上海の四半期末価格は 2,310 米ドル/MT でした。総じて、2024年第1四半期のAPAC地域におけるカルシウム粉末の価格動向は、需要変動や世界的なサプライチェーンの混乱、経済状況などの複数の要因によって影響を受けました。

リアルタイムのカルシウム粉末の価格を入手: https://www.analystjapan.com/Pricing-data/calcium-powder-1379

北米地域では、2024年第1四半期にカルシウム粉末の価格が複雑な変動を経験しました。建設、栄養補助食品、ヘルスケアなどの下流部門での購入活動の活発化により、1月と2月に価格が上昇しました。さらに、スエズ運河とパナマ運河の混乱が米国の小売業者のコストを増加させ、その後、消費者にとって価格が上昇しました。しかし、四半期が進むにつれて、消費者の慎重な態度により価格が下落しました。小売売上高の低迷や個人消費の低迷がこの減少に寄与しました。全体として、北米地域のカルシウム粉末の価格動向は、消費者行動やサプライチェーンの混乱、市場状況などのさまざまな要因の影響を反映しています。USPグレードの炭酸カルシウムの四半期末価格は、米国のFOB USガルフでUSD 735/MTでした。

リアルタイムのカルシウム粉末の価格を入手: https://www.analystjapan.com/Pricing-data/calcium-powder-1379

ヨーロッパでは、2024年第1四半期におけるカルシウム粉末の価格変動は複雑な状況下で展開されました。最初は地政学的な緊張や物流上の課題、在庫の制約により価格が上昇しました。さらに、最終部門からの需要増加もこの上昇に寄与しました。しかし、紅海の長期にわたる混乱がアジアとヨーロッパの貿易ルートを複雑化し、特にドイツで輸送費の増加がカルシウム粉末の価格に影響を与えました。四半期が進むにつれ、3月には価格が下落しました。これは国内需要の不足や新規工業受注の低迷などが原因です。さらに、中央銀行の現行金利を維持する決定が市場環境を複雑化し、消費者の購買力を圧迫しました。これに対応して、市場の供給者やトレーダーは、国内需要の低迷する中で過剰在庫に対処し、変化する市場環境に対応しました。全体として、この期間のヨーロッパにおけるカルシウム粉末の価格動向は、さまざまな要因の相互作用を反映しており、市場の課題と複雑さを浮き彫りにしています。


 

What's your reaction?

Comments

https://www.timessquarereporter.com/assets/images/user-avatar-s.jpg

0 comment

Write the first comment for this!

Facebook Conversations